top of page
桜
  • 孝一 田﨑

TOYAMA CIVIC MEET in 立山山麓 2023参加者・石川県・並行輸入シビッククーペ・L15B7型 水素ガスカーボンクリーニング施工実施

更新日:2023年9月17日

お客様のお車、平行輸入のシビッククーペ・L15B7型 水素ガスカーボンクリーニング施工実施させて頂きました。


大変に珍しいシビッククーペ、ついついじっくり拝見してしまいました。


現在の走行距離は、約34600キロ。


エンジンは、L15B7型1496cc 直4DOHC VTECターボエンジンですね。


ホンダならではのVTECエンジンにターボが追加!。


排気量を小さくした、1.5L ダウンサイジングターボエンジン。


燃焼効率の高い直噴システムに加え、高効率な過給を実現する吸排気デュアルVTCや電動ウェイストゲート付ターボチャージャーを採用。


2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ高トルクと、高回転まで伸びやかなパワーフィールのエンジンですね。

施工前にエンジンルームを開けてエンジンの確認を致します。エンジンのアイドリング音や振動は、静かですね。


エンジン確認を終えて、水素を入れて行きます。


最初は、100㎖/hから開始して、エンジンの状態を確認していきながら徐々に水素投入量を増やしていきます。



下へ ↓↓↓ ↓↓ 【施工後インプレッション】





施工中・後インプレッション↓↓↓


施工開始から5分が経過した際には、施工開始時通りのエンジン状態です。


水素投入量を少しづつ増やしていき、様子を確認していきます。


施工開始後、10分後にマフラーを確認するとマフラーのリアピース内から水蒸気が少し出始めました。


施工開始後、20分後に確認しましたが、10分後同様の感じです。


水素投入量を上げていき45分後には、エンジン音・排気の出方も安定している事を確認しました。


ここで施工を終了しました。


施工は、ここで終了となりました。


今回の施工中、あまりにも静かで、水蒸気の出方も凄く少なかったです。


【 後日インプレッションを聞きましたので、下記に記載します】↓↓↓






後日、Twitterを通じて施工後の様子を聞きました。


効果はあるかと思いますが、5月にRECS施工をされている。


PEA入りの燃料添加剤を定期的に使用しているので、効果が感じ難い状況なのかも・・・。


距離も3.5万キロとすくないので、カーボンの溜まりも少なかったのかな・・・。


と頂きました。


なるほど!ですね。


施工中に自分も確認をすればよかったのですが、RECS施工をされていたのならカーボンもかなり排出されていたと思います。


また、定期的にPEA入り添加剤を使用されているという事は、RECS施工後にカーボンの付着が抑えられていた可能性も大きいです。


以前、同じようにRECS施工をされているお客様の車両を、一応リフレッシュの意味合いも含めて施工をさせて頂きましたが、同じように水蒸気の反応が少なかったです。


愛車をとても大切にされているのが分かりますね。


車は、使用していくとエンジンや足回りなど、色々な場所が少しづつですが劣化していきます。


劣化と言っても摩耗、消耗、経たり、溜まり…等々、色々な症状があります。


それらを少しでも抑えていくには、エンジンオイルやミッションオイルなどの定期的な交換だけでなく、タイヤの空気圧の管理などちょっとしたことからでも大きく変わります。


今回、お客様がされているRECS施工やPEA添加剤も定期的にして頂くと、エンジンの劣化を抑えることが出来ます。


勿論!水素ガスカーボンクリーニング施工も同じです。


今回は、日頃からRECSや添加剤施工をされている中、水素ガスカーボンクリーニング施工を依頼して頂き、ありがとうございました。


今後も よろしくお願い致します。




何かありましたら、いつでも、お気軽にご相談・お問合せ下さい。


今後とも、e-BLUE・水素ガスカーボンクリーニングを よろしくお願い致します。


施工予約・お問い合わせは、お電話・メールでお願い致します。


メールは、確認次第返信を入れますのでお待ち下さい。


よろしくお願い致します。



電話:09082621052


メール:eblue2022kt@gmail.com


   メールQRコード














Comentários


bottom of page