top of page
桜
  • 孝一 田﨑

石川県七尾市 ホンダ ヴェゼル・L15B・SPORT HYBRID i-DCD型 水素ガスカーボンクリーニング施工実施

更新日:2023年9月17日

お客様のお車、ホンダ ヴェゼル・L15BSPORT HYBRID i-DCD型 水素ガスカーボンクリーニング施工実施させて頂きました。


現在の走行距離は、約121000キロ。


お仕事での通勤や日常で使用されているとのです。


エンジンは、L15B型1496 cc直列4気筒直噴DOHCのNAエンジンに、ホンダ独自のハイブリットシステムSPORT HYBRID i-DCDが組み合わされています。


しかもAWDシステムなので、4WDとなります。


SUVの中でも大ヒット車で長くモデルチェンジをせず、コンパクトなSUVならがも走りも軽快で燃費もいいと評判ですよね。


お客様は、通勤がかなり長距離でして、片道約60kmあるそうです。


走行距離も伸びてきましたので、今回はエンジンのリフレッシュと不具合予防も込めて施工となりました。


暖機運転は終了しているそうなので、施工前にエンジンルームを開けてエンジンの確認を致します。


エンジンの振動・エンジン音は、走行距離の割には静かです。


長距離を走っているエンジンの方が、なかなか元気な場合がありますよね。


ただ、細かな揺れの様なエンジン音と排気の安定性が少し気になります。


ハイブリッドシステムを切り、エンジンモードだけにします。


確認を終えて、水素を入れて行きます。


最初は、100㎖/hから開始して、エンジンの状態を確認していきながら徐々に水素投入量を増やしていきます。


下へ ↓↓↓ ↓↓ 【施工後インプレッション】





施工後インプレッション↓↓↓


施工開始から10分が経過した際に、マフラーを確認すると水蒸気の出方が強くなっています。


施工開始前に少し気になっていた音が、約15分後になくなりました。


それに伴い、排気の出方もスムーズになりました。


音や排気が安定しましたが、水蒸気の出方は強いままですので、しばらく様子を見ていきます。


水素投入量を上げていき45分後には、エンジンの音、排気、水蒸気の出方も安定しましたので、ここで施工を終了しました。


施工後、エンジンを見て頂きましたが、施工前よりも静かになっていると言って頂きました。


施工は、ここで終了となりました。


【 後日インプレッションが届いたので、下記に記載します】↓↓↓



後日、施工後の様子を連絡して頂きました。



エンジンの音が静かになり、走行していても全く気にならなくなりました。。


アクセルを少し踏むだけで加速してくれて、レスポンスもいいので通勤での運転が楽になりましたー。



とのインプレッション・・・喜んで頂けて、よかったです。


長い通勤距離ですので、少しでも運転が楽になったとの事で、本当に良かったです。



ハイブリッド車は、バッテリーの充電具合、車速の速度域やアクセルの踏み具合でエンジンが動いたり・止まったりします。


燃費には良いのでしょうが、エンジンにとっては動いたり・止まったりするのは凄く負担です。


特に、エンジンが温まってない、エンジンオイルやエンジンの燃焼室からマフラーまで温まっていないと、エンジン本来の性能が発揮されていません。


その状態で動いたり・止まったりすると、シビアコンディションになりやすく、エンジンやその周りの機器にも大きな負荷が生じやすいです。


燃焼室からマフラーまでカーボンが溜まりやすい傾向になりますので、ハイブリッドだから・・・!あまり走行距離が伸びていないから・・・!は、関係ないのが現状です。


愛車の状態に、少しでも以前と違うな?と感じましたら、必ずディーラーや整備店にご相談下さいね。




何かありましたら、いつでもご相談・お問合せ下さい。


今後とも、e-BLUE・水素ガスカーボンクリーニングを よろしくお願い致します。


施工予約・お問い合わせは、お電話・メールでお願い致します。


メールは、確認次第返信を入れますのでお待ち下さい。


よろしくお願い致します。


電話:09082621052


メール:eblue2022kt@gmail.com


    メールQRコード


Comments


bottom of page